伊豆城山西南カンテ【2020/10/4】[個人山行]

■山域:伊豆城山西南カンテ

■期日:2020年10月4日(日)
■形態:マルチピッチクライミング

■メンバー:FI、SK 

6月に雨上がりでスラブ濡れ濡れ及びスラブ回避で取りつこうとして道迷い、断念した西南カンテにリベンジ。

7時30分駐車場着、車は先行1台のみ。城山はまだまだシーズンオフ。

8時南壁到着。大学生らしい5人パーティーがトップロープはって5.8、9のスラブを練習している。他パーティーはいない。

準備して8時30分、クライムオン。


1P目SKリード。空いていた5.9のアミーゴスからスタート。スラブやっぱりやだ。。。


アミーゴスからスタート

2P目FIリード。斜上バンドの左はし西南カンテ入り口まで。


一旦ロープをたたんで西南カンテ取りつきまでトラバース。前回もここは来たからお手のもの。


南壁から西南カンテ取付への入口



西南カンテ取り付き
カンテ1P目SKリード。手足ホールドしっかりあるし、ボルトやハーケンなどランニングも豊富。ピン間隔狭くて意味のない所にまでランニング取ってしまった。


落石しないようここでピッチをきった


2P目FIリード。2ピン目をとったあとランニングを取れないまま結構進む。易しいのだけど不安になる。落石が落ちることを、避けガレ場地帯の手前でピッチを切る。


3P目SKリード。ガレ場の右手側壁を登り二間バンドまで右方向にトラバース。トラバースに入るところがちょっと嫌。トラバースはやはりしびれる。二間バンドまで行ってしまえばよかったものを分からずにトラバースした直後で切る。セカンドIF到着後、二間バンドまで移動。


コンテにして二間バンドを登る。右側はフリーの壁、二間バンド大ハング。5.12cとか13aとかとか。こんな壁にトライする人がいるのかと人間業離れだと思いながら進む。


最終4P目FIリード。左上に上がっていき右側へトラバース気味に移り、木があるところから真上に。

左上に進む


ジグザグでロープの流れがちょっと悪くなる。右にまがる手前のランニングをもっとながいスリングにすればよかったか。このピッチは西南カンテ最高グレード(5.7)。

今度は右へ


そしてフィニッシュ、11時。2時間30分。思っていたよりバリエーションあるルートでとても楽しめた。


その後、南壁に降りてスクールゾーン(5.10c)を各自2本ずつ登り、この日は終了。


暑かったけど、大満喫のシーズンオフ城山でのクライミングでした。

コメント

このブログの人気の投稿

槍ヶ岳北鎌尾根【2020/9/20~22】[個人山行]

『ブロッケン山活』について

小鹿野アルプス 般若山、釜ノ沢五峰【2020/11/15】[例会山行]